複数の研究プロジェクトにおいて疫学研究やフィールド調査を実施し健康都市・空間デザインを研究しています。

建造環境と健康

近年、健康の様々な側面に建造環境(Built Environment)が影響をおよぼす過程や機序を示す報告が増えてきています。

我が国が迎える人口減少時代の持続可能なまちづくりに資するため、公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を追求する“工学”の視点を基盤に、健康と建造環境の関連を研究課題としています。

進行中の研究プロジェクト

主として下記の調査・研究プロジェクトを推進しています。

競争的研究資金

  • 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B) 健康と都市構造・社会参加の連関構造の解明<主任研究者花里>(2015~)
  • 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B) 生理・地域環境・社会経済要因による母子の健康状態への影響構造の解明<主任研究者鈴木>(2014~)
  • 厚生労働省長寿科学総合研究事業「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」<分担研究者花里・鈴木>(2014.4~2016.3)
  • 環境省環境研究総合推進費「母児POPs曝露量の質問票及び遺伝因子からの推定に関する研究<分担研究者花里>(2013.4~2016.3)
  • 文部科学省科学研究費補助金若手研究(B)「物理・心理・生理指標を用いた“空気の質のよさ”意識構造の解明」<主任研究者花里>(2012.4~2015.3)
  • 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)「ヒト胎児の化学物質複合暴露による次世代健康影響の母体血・臍帯を用いた評価法の開発」<分担研究者花里>(2012.4~2015.3)
  • 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)「人間の感覚、特に臭気を考慮した新しい室内環境評価法の開発」<分担研究者花里>(2012.4~2015.3)
  • 公益財団法人交流協会 H23年度若手研究者交流事業(科学技術)「Town of Public Health(健康なまちづくり)研究における台湾の住空間・都市空間の調査研究」<主任研究者花里>(2011)